トピックス

熱中症に注意しましょう


ここから本文です。

健康づくり課 Tel 059-382-2252 Fax 059-382-4187
 朝夕は涼しくなってきましたが、日中は気温や湿度が高い日があり、依然として熱中症にかかるリスクが高くなっています。熱中症は屋外のみならず室内でも発生することがありますので、注意しましょう。

熱中症の予防のポイント
部屋の温度をこまめにチェックしましょう(普段過ごす部屋には、温度計設置推奨)。
室温が28度を超えないように、エアコンや扇風機を上手に使いましょう。
乳幼児は、体温調節機能が十分発達していないため、特に注意しましょう。
高齢者は、温度に対する感覚が弱くなるため、室内でも熱中症になることがありますので注意しましょう。
外出の際は体を締め付けない涼しい服装で、帽子をかぶるなど日よけ対策をしましょう。
無理をせず、適度に休憩をとりましょう。
のどが渇かなくてもこまめに水分補給をしましょう。

※熱中症予防の案内について詳しくは添付ファイルをご覧ください。