トップページ > 鈴鹿市上下水道局の概要 > 下水道事業の概要 - 下水道は正しく使いましょう

下水道事業の概要
下水道は正しく使いましょう

 下水道を大切に使うため、次のことにご注意ください。

1. 台所から残飯や油を流さない

 野菜くずや残飯を流すと汚水管のつまりの原因になるほか、浄化センターの処理機能の低下を招きます。また天ぷら油などの油類も、管の中で固まり、つまりの原因になります。

 下水道本管が詰まった場合は、そこから上流の家庭に迷惑をかけることになります。水きりネットや油処理用品を利用して、野菜くずなどが流れないようにしましょう。

2. 水に溶けないものは流さない

 水に溶けない紙、紙おむつ、タバコの吸殻、ガムを流すとつまりの原因になります。

 また、流す水を極端に少なくすることもつまりの原因になります。

3. アルコールやガソリンを流さない

 ガソリン、シンナー、アルコールなど揮発性の高い危険物を流すと、管の中で爆発するなど大変危険です。

4. 雨水を流さない

 下水道は汚水専用になっています。雨どいや池の水は流さないでください。雨水が大量に流れ込むと、汚水処理施設に負担をかけたり、マンホールから水が溢れ出ることがあります。

5. マンホールに、ごみや土砂を捨てない

 マンホールは下水管の点検や修理をするための大切なものです。ごみや土砂を捨てないでください。

6. 下水管の近くに木を植えない

 下水管の近くに木を植えると、木の根が管を傷つけたり、管の中へ進入したりしてつまりの原因になります。