トップページ > 鈴鹿市上下水道局の概要 > 下水道事業の概要 - 下水道工事から供用開始まで

下水道事業の概要
下水道工事から供用開始まで

下水道工事から供用開始まで イメージ図下水道工事では、道路を規制しなければなりません。
ご迷惑をお掛けしますが、ご理解とご協力をお願いします。

  1. 1. 事前調査の実施

    対象区域の測量や地下埋設物などの調査を行います。

  2. 2 .工事対象区域への説明会の開催

    工事対象区域の皆さんに下水道について説明会を開催します。

  3. 3.「公共ます・取付管」の設置位置確認書の受け付け

    対象区域の皆さんから「公共ます・取付管」の設置位置確認書を受け付けます。

  4. 4. 下水道本管の工事

    下水道本管の埋設工事を行います。同時に「公共ます・取付管」の設置工事も行います。

  5. 5. 供用開始のお知らせ

    工事が完了し、下水管が使用できるようになったら、供用開始区域と供用開始日を公示します。

  6. 6. 排水設備の設置

    供用開始区域の方は、すみやかに宅内の排水設備を「公共ます」につなぐ工事を行います。
    また汲み取りトイレは水洗トイレに改修します。

「公共ます」の設置

 「公共ます」は、公有地(道路)と私有地の境界から1メートル以内の私有地内に設置します。

 「公共ます」と本管から公共ますまでの「取付管」を設置する工事費は原則、市で負担します(市で負担するのは、一敷地かつ風呂、トイレおよび台所を備えた建物1棟につき1基となります)。

 工事終了後に使用者の都合で位置を変えたり、「ます」を追加する場合などの工事費は個人負担になります。