トップページ > 鈴鹿市上下水道局の概要 > 下水道事業の概要 - 施設の概要

下水道事業の概要
施設の概要

南部浄化センター

南部浄化センター

 市内の公共下水道供用区域から排出される汚水は、市が管理する「流域関連公共下水道」、三重県下水道公社が管理する「流域下水道」を経て、三重県下水道公社南部浄化センターに集められ、ここできれいな水に浄化されて鈴鹿川河口に放流されます。

 この南部浄化センターでは、鈴鹿市のほか、亀山市、四日市市の一部の汚水を処理しています。

所在地
四日市市楠町北五味塚1085-18(Tel 059-397-7411)

南部汚水中継ポンプ場

南部汚水中継ポンプ場

 南部汚水中継ポンプ場は白子町に位置し、鈴鹿市の汚水ポンプ施設としては最大の規模となります。

白子地区をはじめとする鈴鹿南部地域の汚水をポンプで汲み上げ下流へと送っています。

所在地鈴鹿市白子町3593-7
建築物鉄筋コンクリート造、地上1階、地下2階
建築面積346.38m2
延床面積853.57m2
敷地面積1640.67m2
供用開始年月平成24年4月(第1期計画)
ポンプ処理対象面積768.5ha(全体計画)
ポンプ送水能力3.9m3/分(第1期計画)、15.6m3/分(全体計画)