トップページ > 鈴鹿市上下水道局の概要 > 下水道事業の概要 - 下水道使用料

下水道事業の概要
下水道使用料

 下水道の使用が始まると、下水道使用料を納付することになります。使用料は、下水道を維持していくための大切な財源です。納付にご協力をお願いします。

下水道使用料の使い道

 下水道使用料は、汚水の処理費用や汚水管の維持管理、汚水管敷設のための借入金の返済に使われます。

使用料の計算方法

 汚水管には、ほとんど水道水が流されるとの考えにより、上水道の使用水量に従って下水道使用料を計算します。

 水道水以外の水(井戸水など)を下水道に流す場合は、使用料の対象となります(市への申告が必要です)。2カ月分の水道使用水量を2で割って1カ月あたりの水道使用水量として、下水道使用料料金表(改定前・消費税5%)により、それぞれ計算し、1カ月あたりの額を算出します。

 その額を2倍して2カ月分の下水道使用料とします。
 さらにその金額に消費税を加算した額が下水道使用料になります。

【消費税率引上げに伴う下水道使用料改定のお知らせ】

 平成26年4月1日から消費税率が5%から8%に引き上げられることに伴い、平成26年4月1日以降に使用される下水道使用料が改定されますので、ご理解をお願いいたします。

〔経過措置〕
 平成26年3月31日以前から継続して下水道を使用されている場合、平成26年4月1日以降の1回目の検針分に限り、これまでどおり旧税率の5%が適用されます。

下水道使用料の納付方法

 下水道使用料は2カ月ごとに鈴鹿市上下水道局から通知しますので、水道料金とあわせて納付してください。水道料金の口座振替をしている場合は、自動的に下水道使用料も口座振替になります。