鈴鹿市消防本部 鈴鹿市消防本部



火災予防

消火器の使い方
火災予防
操作方法は、とても簡単です。
1
安全栓を外す
イメージ
風上から火元まで約3mの位置に近づき、リングを上方へ引いて外します。上下のレバーを強く握っていると、外れにくいので注意してください。
2
ホースを外し、ノズルを火元に向ける
イメージ
ホースは必ず先端の方を持ってください。ノズル先端のノズル栓は、ガスの圧力で抜けますので外す必要はありません。
3
レバーを握る
イメージ
消火薬剤が放射されます。握力のない方は、消火器を床に置いて上レバーに体重をかければ放射できます。
消火器の操作方法は、3つの簡単な操作ですので、落ち着いて操作してください。

あなたの消火器は大丈夫ですか?
古くなった消火器の破裂事故が起きています。
イメージ 容器本体

容器本体腐食・変形などのあるものは強度上危険ですので、速やかに廃棄処理してください。
ボツボツとサビの浮いたもの、溶接部とその周辺に腐食のあるもの。
使用に耐えない変形や傷のあるもの。
サビを落としても腐食の残るもの。

イメージ ふた(キャップ)

キズ・変形・腐食を生じているものは、速やかに廃棄処理してください。
亜鉛合金ダイカストのふたで、メッキの光沢がなくなり、シワ、スジ、表面にボツボツができたもの。
メッキがはがれ、その跡に白い結晶ができたもの。


消火器の廃棄について

防災訓練などには使用しない。

不要な消火器を、家庭ごみ、粗大ごみとして捨てたり、放置したりしない。

不要になった消火器は、事故防止のため絶対に使用せず、必ず買い求めた販売店か専門業者に処分を依頼する。
※消火器の廃棄には費用がかかります。


イメージ
</A><A HREF="../index.html"> トップページへ戻る

copyright