鈴鹿市消防本部 鈴鹿市消防本部



応急手当の方法

熱傷(やけど)に対する応急手当
応急手当の方法

1
熱傷の程度
イメージ
赤いか(1度)
水泡か、水泡が破れた状態か(2度)
白っぽいか(3度)
傷病者の片手の手のひらの面積が体表面積の1%
2
比較的軽い熱傷の応急手当(1度、狭い2度熱傷)
イメージ
できるだけ早く、きれいな冷水で15分以上痛みがなくなるまで冷やす。
十分冷やしてからきれいなガーゼを当て、三角巾や包帯などをする。
靴下など衣類を着ている場合は、衣類ごと冷やす。
水泡を破らないように注意する。
薬品を塗ってはならない。

イメージ
</A><A HREF="../index.html"> トップページへ戻る

copyright