わが家の防災

●●●震災後(2次災害防止)の安全について



■ 震災後(2次災害防止)の安全について

危険な建物、場所への立ち入りは慎重に!!

被災建築物応急危険度判定制度

 地震が沈静したからといって町の中は決して安全ではありません。余震などの2次災害が起きる可能性は十分にあります。我が家は大丈夫と思って立ち入ると大変なことになります。被害を未然に防ぐために被災建築物応急危険度判定士によって被害建築物の危険度を判定した判定ステッカーが建物に貼られます。「危険」「要注意」「調査済」の3種類で建築物の危険度を表示しています。
イラスト 写真:判定ステッカー
危険(赤紙)
その建物に立ち入らないこと。
要注意(黄紙)
立ち入りには十分注意すること。
調査済(青紙)
使用可能建物

被災宅地危険度判定制度

 大規模な地震や大雨などのために、宅地が広範囲にわたって大きな被害を受けた時、被災宅地危険度判定士が被害の状況をいち早く的確に把握して被災宅地の危険度の判定を行います。判定作業は、被災した宅地に立ち入り、客観的に危険度を判定します。その際、あまりにも危険と思われる宅地には入らないで調査することもあります。判定ステッカーは「危険宅地」「要注意宅地」「調査済宅地」の3種類で宅地の危険度を表示しています。このステッカーは宅地の見やすい場所に貼られて宅地の使用者・居住者だけでなく宅地の近くを通行する歩行者にも安全かどうか危険度がわかるように提示しています。
イラスト 写真:判定ステッカー
危険(赤紙)
その宅地に立ち入らないこと。
要注意(黄紙)
立ち入りには十分注意すること。
調査済(青紙)
使用可能宅地