わが家の防災

火災発生


ここから本文です。

 火事は大切な財産や命までも奪ってしまう恐ろしいものです。地震による火災は被害を拡大します。火災は「出して消すより、出さないこと」にこしたことはありませんが、日頃から防災意識を持つことは大切です。万一火が出ても落ち着いて対処できるように消火器の使い方やどんな状況になるか知っていてください。

1. 火災発生時の初期活動

早く知らせる

イラスト:早く知らせる

隣近所に「火事だ!」と叫んで知らせ、誰かが通報していると思わず119番に通報する。

早く消火する

イラスト:早く消火する

出火から5分以内が消火できる限度。火を消すには消火器や水のほか濡れたシーツ、布団も有効。

早く逃げる

イラスト:早く逃げる

火が天井まで燃え広がったら一人で消すのは無理。部屋の窓やドアを閉めて急いで避難。

2. 消火器の使い方

イラスト:消火器の使い方1

火元に近づいて安全ピンに指をかけて上に引き抜く。

イラスト:消火器の使い方2

ホースを火元に向ける。消火器はしっかり両手で支えておく。

イラスト:消火器の使い方3

レバーを強く握って噴射する。

3. お年寄りや子供、病人を優先してできるだけ早く避難する。

イラスト:お年寄りや子供、病人を優先してできるだけ早く避難する。

4. 躊躇せずに炎の中は一気に駆け抜ける。天井に火が燃え移ったらすぐに避難する。

イラスト:躊躇せずに炎の中は一気に駆け抜ける。天井に火が燃え移ったらすぐに避難する。

5. いったん逃げ出したら火の中へは戻らない。

イラスト:いったん逃げ出したら火の中へは戻らない。

6. 煙の中は姿勢を低くして手で口を防いで煙を吸わないようにして逃げる。

イラスト:煙の中は姿勢を低くして手で口を防いで煙を吸わないようにして逃げる。

7. 逃げ遅れた人や不明者がいる場合は消防隊にすぐ知らせる。

イラスト:逃げ遅れた人や不明者がいる場合は消防隊にすぐ知らせる。