わが家の防災

●●●どんな所を耐震補強したいか 経費はどのくらいかかるのか



■ どんな所を耐震補強したいか 経費はどのくらいかかるのか

 地震などの災害に備えてわが家の耐震性を診断した結果、専門家と相談して改修あるいは立て直す場合、まず考えるのは費用面です。補助金などの活用や蓄えから運用を考えます。阪神・淡路大震災では家屋の倒壊による死因が一番多かったことはよく知られています。災害から命を守るためには、地震に強い建物にするための投資は必要なことです。新築なみの耐震性を確保しようとすれば地盤の改良から行うなど経費はかかります。また場合によっては改修よりも建て替えの方が経費減の場合もあります。経済的に許容できる最大限の範囲で“我が家の耐震補強”を考えてみてください。 イラスト
イラスト イラスト イラスト
イラスト

※耐震補強の前に確認しましょう。
補強設計は,実際に外壁等を剥がして調査をおこなわない場合が多く,実際に補強工事が始まり,外壁等を剥がしたとき,土台や柱等に腐食等が発見される場合も考えられます。その場合、その腐食部分を取り替えるなどの工事が追加される場合もあり、工事中に工事金額が増額(追加)される可能性があります。下記表を参考に余裕のある予算計画で耐震工事を行うかどうか家族で十分検討してください。

補強工事の例 効果 経費 利点 問題点
□壁を補強する □外側から壁を補強する □構造用合板張り 効果大 □比較的,安価で補強できる
□外壁のリフォームができ,見栄えが良く,住みながら施工可能
□補強箇所をバランス良く
□全て外壁を張り替えれば,工事費用が大となる可能性有り
□筋かい新設 効果大 中〜大 □外壁のリフォームができる
□既存が土塗壁でない場合等では,住みながら施工可能
□土塗壁を撤去しなくては工事できない可能性大
□費用が大となる可能性有り
□内側から壁を補強する
(既設壁補強or新規壁設置)
□構造用合板張り 効果大 中〜大 □リフォーム・バリアフリー改修を考えている場合,間仕切り等の改修と共に補強できる □床・壁・天井の改修経費必要
□施主の工事立会い必要の可能性大
□筋かい新設 効果大 中〜大 □リフォーム・バリアフリー改修を考えている場合,間仕切り等の改修と共に補強できる □床・壁・天井の改修経費必要
□施主の工事立会い必要の可能性大
□屋根瓦を軽いものに 効果大 □構造材への負担が軽減
□地震時の横揺れが軽減できる可能性大
□雨養生が必要
□工期が長くなるため梅雨時期は工事しない方がよい
□基礎と土台・柱を金物で固定 基礎と柱の引き抜き補強 効果大 □基礎を建築物とが一体になり,耐震性がアップする □外壁の補修や柱の取り替えも必要になる可能性大
□玉石などの基礎は問題あり。
□床組み等を補強 □床下
□1・2階の小屋裏・天井裏
効果中 □火打ち梁等により,建築物の剛床性が増し,壁補強の効果が発揮できる可能性大 □土台・床・外壁等の補修も必要になる可能性大
□火打ち梁等で補強,床下,天井裏,小屋裏に入れるか
□基礎を補強 □鉄筋コンクリート基礎へ改修
(打ち増し)
効果大 □基礎一体となり耐震性が増し,効果が発揮できる可能性大 □多大な費用が必要
□一時的に水廻りが不使用
□玉石基礎の場合,改修困難
□ひび割れ改修 効果中 □基礎一体となり耐震性が増し,効果が発揮できる可能性大 □玉石基礎の場合,改修困難
□ひび割れの原因を確かめた改修方法を選択する必要有り
□建て替え 効果大 □改修工事では難しい構造部材等の老朽度が改善できる
□現行法の耐震基準で建築でき,安心して生活できる
□多大な費用が必要

※工事内容について,納得いくまで話し合ってください。