わが家の防災

●●●液状化現象について



■ 液状化現象について

 鈴鹿市では、住民と情報を共有することで耐震化を促進するため液状化マップを作成しました。

液状化現象について

 地震の揺れによるによる被害を大きくする要素として液状化現象があります。
 地盤は土や砂、水、空気などで構成され、その中でも、液状化現象が起こりやすい地盤は、海岸や川のそばの比較的地盤がゆるく地下水位が高い砂地盤といわれています。鈴鹿市では伊勢湾沿岸地域の沖積平野、鈴鹿川や中の川など砂を主体とする三角州などが該当地域として考えられます。
 この液状化現象は昭和39年(1964年)に発生した新潟地震でクローズアップされ、それまでは大丈夫と思われていた厚い砂層が、一瞬にして軟化し、多くの建物や橋が沈下・倒壊などに被害が発生しました。
 阪神・淡路大震災など最近の地震でも報道され聞き覚えのある現象ですが、その実態は意外に知られていないために不安が先行している状態です。
 液状化現象は次のようにおきます。地盤中は土の粒子が重なり合いながらかみあっていて、地下水位以下ではそのすきまの中に地下水があります。ところが、地震によって揺すられると、このかみ合わせがじょじょにはずれ、最終的にはばらばらになり地下水の中に浮いたような状態になります。
 最も液状化する可能性のある地盤はゆるい砂地盤で、地下水が地表面付近の浅い深さに存在している地盤です。逆に砂地盤であっても、地下水に浸されていない砂地盤では液状化が起こりにくいとされています。
 なお液状化の現象そのものは地震時のみの現象で地震動がおさまれば、その痕跡や被害を残しますが、いわゆる底なし沼などが発生するなどの可能性はありません。
 液状化の被害は主に次の2つに分けれます。
   (1) 地盤の支持力が低下することによる建物等の沈下や傾斜の被害
   (2) 噴砂(水と砂が地中から噴き上げてくる現象)などによる被害

●液状化マップの概要
 伊勢街道(追分・神戸・白子)、東海道沿いなど古来からの宿場は液状化危険度は少ない地点にあることがわかります。
 なお、この液状化マップはあくまで目安で、基礎データとしてプラン・資金計画を考えてください。危険度のレベルで、いわば豆腐のうえに家がある状態で揺れやすくなる、地盤が不等沈下するなどの被害が考えられます。液状化危険度だけではなく敷地造成状況を考慮することも必要です。



●地震の発生確率
    東南海地震 今後30年以内で60〜70%の確率で発生が予測されている。
    桑名四日市断層   
確率100年 ほぼ0%〜3%
 300年 0.0002%〜20%
およそ2000年間隔で発生していると推測されている。
最新の発生履歴は1854年頃

●なぜ2つのモデルで予測?
 東南海地震と桑名四日市断層は地震の起こり方がプレート型と内陸直下型で違い、被害や対応が異なるため。
  東南海地震が大規模な範囲で、長い時間揺れている。
  これに比べ、桑名四日市断層は比較的狭い範囲で瞬間的に強い揺れが起きる。

●家を建てる
 地盤が悪いからと言ってすぐにあきらめることはなく、適切な処置をすれば建物は健全に建てることができます。特に一般の住宅など重くない建物の場合は、地盤を切り盛りした場合と同様に杭・基礎などを考慮すれば過度の心配はする必要はありません。
 戸建て住宅用の地盤調査は、仮に家屋が建っていても、庭先の狭い場所での作業が可能な、戸建て住宅向けの簡易な数メートル程度の深さまでの調査で費用も数万円程度ですむ調査方法があります。
 地盤を見ただけで、その性状を把握することは困難で、建物を建てる場合はその地盤などの性状を知り、地盤と建物の耐震性能を強化するれば被害を軽減することができます。

●対策
液状化が生じそうな場所に構造物をつくる際には地盤が液状化しにくくなるようにまたは被害を小さくするために対策をとることができます。たとえば
  杭、基礎などを考える。
  液状化の原因の1つである水を抜くパイプを地中に張り巡らす
  土に粘土・セメントなどを混ぜて液状化しにくい地盤に改良しておく
  液状化しても構造物に被害が生じないように構造物をしっかりと繋いでおく。

●液状化マップの作成方法等について
    メッシュ市内を500mまたは125m四方で7060に分割
    柱状図工学的地盤面までの地層の土質・厚さ・N値・水位などを柱状に示した図。
    地盤モデル   微地形と柱状図をもとに313種類のモデルに分類
    PS検層ボーリング孔を利用し深さ方向の振動(縦・横波)の伝わり方を求める
    Sn値地盤の柔らかさを表す
    液状化危険度算出の流れ

地盤・地形を分類モデル化のうえ、地層ごとの揺れに対する強度を算出、
想定地震ごとの地表面の液状化指数を算出し、危険度を5段階に判定

各メッシュのモデル地盤作成
 
  ↓    
各震度のF・値算出(深度ごとの液状化程度指数)
沖積層砂質で水位10m以内ほか2条件に合致する時判定
 
↓←
想定地震ごとの地表の最大加速度
各震度のP・値算出(その地点での液状化程度指数)
  ↓    
各メッシュの液状化危険度算出
 

 この液状化マップは、岐阜大学地震工学研究室の協力のもとに作成されました。東海地震や東南海地震では地震動の揺れが長く続くため、この影響を考慮して作成されています。
 液状化に関する参考ページは次のとおりです。

 岐阜大学地震工学研究室 地震防災情報ホームページ