市長のページ

写真:鈴鹿市長 末松則子

元気で魅力あふれるまちをめざして

 市長室にようこそお越しいただきました。

 鈴鹿市は日本のほぼ中央に位置し、海や山などの豊かな自然と温暖な気候に恵まれ、四季の変化に富み、暮らしやすい「まち」です。また、産業と文化がバランスよく発展を遂げ、自動車レースの最高峰「F1」が開催されるモータースポーツのまちとして全国的にも知られています。

 私は、自分が育ち暮している鈴鹿のまちを愛しています。この大好きな鈴鹿市を市民の皆さまとともに、さらに「元気で魅力あふれるまち」にしていきたい、そして鈴鹿市から全国へ元気を発信していきたいと考えています。

 このページでは、市政を身近に感じていただくため、私からのメッセージや活動記録などをご紹介していきます。
 市政に対するご意見やご提案もお待ちしております。

鈴鹿市長 末松則子

市長の行動をピックアップ!
平成28年9月23日(金)

Women in Innovation Summit 2016

  • 時間:15時30分
  • 場所:鈴鹿サーキット
Women in Innovation Summit 2016Women in Innovation Summit 2016Women in Innovation Summit 2016

Women in Innovation Summit 2016に参加しました。女性の活躍に繋がる新しい働き方のモデルについての発表の審査員を務めるとともに,私自身もプレゼンテーションを行いました。

皆さんへメッセージ

 今年も、9月1日(木)の防災の日を迎えました。8月末の台風10号は、迷走した末に岩手県に上陸、特に東北・北海道地方に被害をもたらしました。幸い本市には大きな影響はありませんでしたが、ここのところ、連日のように台風の報道が続いていますので、市民の皆様には、今一度災害時の備えについてご確認いただければと思います。
 さて、本市では9月17日(土)に文化会館で『北勢・中勢地域の「ものづくり」を支える社会基盤の現状と未来を考えるシンポジウム』を開催します。この地域では、平成30年度に新名神高速道路三重県区間と鈴鹿PAスマートインタージェンジがあわせて供用開始となり、中勢バイパス、北勢バイパスなどの幹線道路の整備も鋭意進められています。先月には、新名神高速道路の四日市JCT〜新四日市JCTと、これに接続する東海環状自動車道の新四日市JCT〜東員ICが完成し、開通式典には私も出席しましたが、新しい道路を待ち望んでいた地元の皆様の期待を強く感じました。
 こうした幹線道路網の整備は、地域間の交流を促進するとともに、物流の円滑化により企業の生産性の向上が図られ、全国でも有数の「ものづくり」産業の集積地であるこの地域の一層の活性化につながるものと期待されます。今回のシンポジウムは、こうした課題について、私をはじめ、北勢・中勢の関係者が一堂に会して議論し、今後の地域発展に取り組む契機と位置づけておりますので、ぜひ多くの方々にご来場いただき、この地域の将来像を、みんなで考えていきたいと思います。

(平成28年9月1日)

新着情報
7月22日
交際費の支出状況、食糧費の支出状況(6月分)を掲載しました。