市長のページ

写真:鈴鹿市長 末松則子

元気で魅力あふれるまちをめざして

 市長室にようこそお越しいただきました。

 鈴鹿市は日本のほぼ中央に位置し、海や山などの豊かな自然と温暖な気候に恵まれ、四季の変化に富み、暮らしやすい「まち」です。また、産業と文化がバランスよく発展を遂げ、自動車レースの最高峰「F1」が開催されるモータースポーツのまちとして全国的にも知られています。

 私は、自分が育ち暮している鈴鹿のまちを愛しています。この大好きな鈴鹿市を市民の皆さまとともに、さらに「元気で魅力あふれるまち」にしていきたい、そして鈴鹿市から全国へ元気を発信していきたいと考えています。

 このページでは、市政を身近に感じていただくため、私からのメッセージや活動記録などをご紹介していきます。
 市政に対するご意見やご提案もお待ちしております。

鈴鹿市長 末松則子

市長の行動をピックアップ!
平成28年11月28日(月)

鈴鹿げんき花火大会2016フォトコンテスト表彰式

  • 時間:11時30分
  • 場所:
鈴鹿げんき花火大会2016フォトコンテスト表彰式  

鈴鹿げんき花火大会2016フォトコンテスト表彰式に出席しました。受賞おめでとうございます。花火大会の臨場感が伝わる素晴らしい作品でした。

皆さんへメッセージ

 朝夕には、冷え込みも感じられる季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
 さて、鈴鹿市男女共同参画センターでは、11月19日(土)に、「オール鈴鹿でパワフルに進める男女共同参画」をテーマに、「ジェフリーふぇすた2016」を開催します。基調講演では、映画「海猿」で一躍有名になった海上保安庁で女性初の巡視船船長に就任しご活躍された、永田潤子さんをお迎えして、ご自身の経験に触れながら、お話いただくほか、鈴鹿の「民・学・官」を代表する3人を交えたトークでは、「民」は、このたび鈴鹿商工会議所会頭に女性として初めて就任された田中彩子さん、「学」は鈴鹿工業高等専門学校副校長の井瀬潔さん、そして「官」では私が入り、ディスカッションを行います。その他、健康相談や適職相談・就労支援相談コーナーなど多彩なイベントを実施します。
 本市では、私の市長就任以来、審議会等委員への女性の登用や、女性管理職員の政策決定の場への参画など、様々な施策に取り組んでまいりました。昨年12月には、市内の企業や団体、高等教育機関等で構成する「SUZUKA女性活躍推進連携会議」を設立し、民学官が一体となって鈴鹿市全体で男女共同参画意識の向上を目指す仕組みもできました。
 また、5月の伊勢志摩サミットでは、G7首脳宣言で女性の活躍が不可欠として位置づけられるとともに、9月下旬には、ポストサミット事業として「Women in Innovation Summit 2016」(WIT(ウィット)2016)が本市で開催され、私も女性の活躍につながる働き方のモデルについてスピーチを行いました。
 今後も、様々な施策を通じ、性別にかかわらず男女が個性や能力を十分に発揮し、いきいきと暮らせる男女共同参画社会を推進してまいります。「ジェフリーふぇすた2016」が、そのひとつの機会となればと考えておりますので、ぜひお越しください。

(平成28年11月)

新着情報
11月22日
交際費の支出状況、食糧費の支出状況(10月分)を掲載しました。