市長のページ

ここから本文です。

写真:鈴鹿市長 末松則子

元気で魅力あふれるまちをめざして

 市長室にようこそお越しいただきました。

 鈴鹿市は日本のほぼ中央に位置し、海や山などの豊かな自然と温暖な気候に恵まれ、四季の変化に富み、暮らしやすい「まち」です。また、産業と文化がバランスよく発展を遂げ、自動車レースの最高峰「F1」が開催されるモータースポーツのまちとして全国的にも知られています。

 私は、自分が育ち暮している鈴鹿のまちを愛しています。この大好きな鈴鹿市を市民の皆さまとともに、さらに「元気で魅力あふれるまち」にしていきたい、そして鈴鹿市から全国へ元気を発信していきたいと考えています。

 このページでは、市政を身近に感じていただくため、私からのメッセージや活動記録などをご紹介していきます。
 市政に対するご意見やご提案もお待ちしております。

鈴鹿市長 末松則子

市長の行動をピックアップ!
令和2年7月20日(月)

三重県立神戸高等学校放送部第44回全国高等学校総合文化祭出場に係る表敬訪問

  • 時間:16時30分
  • 場所:市長室
三重県立神戸高等学校放送部第44回全国高等学校総合文化祭出場に係る表敬訪問の写真1三重県立神戸高等学校放送部第44回全国高等学校総合文化祭出場に係る表敬訪問の写真2三重県立神戸高等学校放送部第44回全国高等学校総合文化祭出場に係る表敬訪問の写真3

7月31日から高知県で開催される「第44回全国高等学校総合文化祭」に、三重県代表で出場する神戸高等学校放送部の皆さんにお越しいただきました。27年ぶりのご出場、誠におめでとうございます。今までに培った技術を存分に発揮してきてください。

皆さんへメッセージ

 このたびの7月3日からの九州地方を中心とした豪雨災害により、お亡くなりになられた方のご冥福をお祈り申し上げるとともに、被害に遭われた地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。
 さて、長梅雨の影響でむし暑い日が続きますが、庭先に咲く朝顔が爽やかな気分にさせてくれます。生活必需品となったマスクも暑さ対策を考慮した着け心地の良い素材を使ったものを見かけるようになりました。この時期は水分補給などをまめに行うなど熱中症にはくれぐれも気をつけてお過ごしください。
 新型コロナウイルス感染症に関しましては、7月に入ってから市内の方を含め、県内でも連日感染者が確認されています。予断を許さない状況の中ではありますが、本市では市内経済の回復と市民の皆様が安心して生活していただけるよう、感染症対策補正予算第3弾を7月29日の市議会臨時議会にて議決いただきました。財源は主に国の新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を充て、感染症拡大防止策・生活支援策・経済対策・緊急雇用対策の4つの対策区分の事業を行ってまいります。
 災害時における避難所などでの感染防止のための備品購入をはじめ、障がい者、ひとり親世帯への「鈴鹿まるごと応援券すずまる」の配布や住宅リフォームなどの工事費用の10パーセント(上限20万)の補助、市内を鉢花で飾る「花いっぱい応援事業」の実施や鈴鹿サーキット内でのお茶のPR活動、また感染症拡大により離職を余儀なくされた方々への臨時的な雇用など、全部で27項目の事業を行います。
 さらに、本市が発行するプレミアム付き商品券「鈴鹿まるごと応援券すずまる」については、多くの皆様にご応募いただきましたことから抽選を行う運びとなりました。市内で使えるお店は850店舗以上ありますので、当選された方はぜひ有効にご活用ください。
 今後も、感染防止策を図りながら、経済の回復につながるよう、さまざまな対策を講じてまいりますので、市民の皆様におかれましても引き続きご理解とご協力をお願いいたします。

(令和2年8月)

新着情報
5月18日
交際費の支出状況、食糧費の支出状況を更新しました。