記者会見資料

[定例18/02/05]小学生によるC−BUS車内アナウンス音声について


ここから本文です。

Ⅽ;;バスの画像
 小学生によるC−BUS車内アナウンス音声について、その概要を説明させていただきます。
 現在、本市ではコミュニティバスC−BUS事業を地域住民の移動手段として、西部地域と南部地域で運行を行っていますが、C-BUS事業においては、平成28年度からの運賃改定の影響もあり、その利用者数が減少傾向にあるところです。
 そのため、今回一部路線において、車内アナウンスの音声を沿線にある小学校の児童の音声に変更することにより、地域住民の参加、地域がコミュニティバスを支援するという、「マイバス・マイ交通」意識涵養の一助とし、利用者数の回復に結びつけることを目的として取り組みたいと考えております。