記者会見資料

●●●[定例17/12/14]鈴鹿市地域景観資産の登録について


登録証であるプレートの画像
 
 鈴鹿市景観計画に基づく鈴鹿市地域景観資産の登録について、その概要を説明させていただきます。
 本市では鈴鹿らしい景観を実現するため、平成23年1月に景観法に基づく「鈴鹿市景観計画」「鈴鹿市景観づくり条例」の運用を開始し、その後平成28年12月に「鈴鹿市景観計画」の改定を行いました。その運用を平成29年4月に開始し、市民、事業者、行政が連携しながら、魅力あるまちづくりに取り組んでいるところでございます。
 そこで、本市ではその手法の1つとして、県下で初めて平成29年4月1日に「鈴鹿市地域景観資産の登録及び認定に関する要綱」を施行し、今回歴史的・文化的価値のある建築物、工作物、樹木を市民から提案していただき、建造物7件、樹木1件、合計8件を登録させていただきました。
 
都市計画課

配布資料(PDF)