記者会見資料

●●●[定例17/08/24]JFAこころのプロジェクト「夢の教室」事業


 それでは、JFAこころのプロジェクト「夢の教室」事業の実施について発表させていただきます。
 この事業は、日本サッカー協会が主体となり、一人でも多くの子どもたちに夢を持つことの素晴らしさを伝えたいという思いのもと、2007年から始まったプロジェクトで、現在全国の小中学校で「夢の教室」が開催されております。主にスポーツの分野で活躍するアスリートを夢先生として迎え、子どもたちと一緒に体を動かす簡単なゲームをしたり、失敗を乗り越えた自らの体験談を語っていただいたりすることで、夢や目標に向かって努力することの大切さを伝えていただくとともに、自分の可能性に気付いて自信を持って進んでいけるよう、子どもたちを導いていただきます。
 事業の実施にあたっては「すずか応援寄付金」を活用し、稲生小学校、桜島小学校、旭が丘小学校の3校の5年生を対象に実施いたします。
 9月14日(木)、15日(金)に開催される稲生小学校には、夢先生として、陸上競技の有森 裕子さん、シンクロナイズドスイミングの松村 亜矢子さんをお迎えすることになっております。
 憧れの一流アスリートとの出会いを通して、本市の子どもたちが、今まで以上に笑顔で元気になり、様々なことに失敗を恐れず、前向きにチャレンジする意欲と力を身に付けてもらうことを期待しております。
 
教育指導課

配布資料(PDF)