記者会見資料

●●●[定例16/12/13]鈴鹿市シティセールス特命大使の委嘱について


シティセールス特命大使につきましては、本市のシティセールス戦略の中のネットワークづくりの一環として取り組んでいるものでございますが、現在19名の本市にゆかりのある方々に御就任いただき、本市の魅力を広く発信し、本市のPRやイメージアップを図っていただいております。
今年度も大使の委嘱候補として、既に国内外での活動、活躍をされ、今後も全国的・世界的な規模での活躍が期待される方々を対象に選定を行ってまいりました。
 その結果 「衛藤 昂(えとう たかし)」氏と「伊田 篤史(いだ あつし)」氏の2名を選定し、委嘱させていただくことになりました。
 委嘱期間は、お二人とも平成28年12月15日から平成31年3月31日までを予定しております。
「衛藤 昂(えとう たかし)」氏は、本市出身の陸上選手として活躍中であり、県外の大学院に進学されましたが、卒業後は地元企業へ就職し、活動拠点を本市に置き、今年開催されましたリオデジャネイロ五輪にも走り高跳びの日本代表選手として出場するなど、世界的に活躍され、今後も陸上競技活動を通して国内外への高いシティセールス効果が期待できる方でございます。
「伊田 篤史(いだ あつし)」氏は、本市出身の囲碁棋士であり、史上最年少で十段タイトルを獲得するなどトッププロの棋士として活躍中であり、今後も日本囲碁界を牽引する若手棋士として、更なる活躍が見込まれる方でございます。
 なお、使用する愛称については、衛藤氏は「鈴鹿と・き・め・きスポーツ大使」、伊田氏は「鈴鹿と・き・め・きカルチャー大使」といたします。
 
総合政策課

配付資料(PDF)