記者会見資料

●●●[定例16/10/14]燃料電池自動車「クラリティ フューエル セル納車式」について


納車式の様子
 
 昨今、化石燃料の将来的な枯渇や地球環境問題の深刻化を背景に、今後の低炭素社会の切り札として、水を分解して大量に製造できる水素が新エネルギーとして注目を浴びてきています。
こうした中、近年国内の自動車メーカーから水素を燃料とした燃料電池自動車、いわゆるFCVが市場導入され、本市に製造拠点を置く本田技研工業株式会社においても今年3月に「クラリティ フューエル セル」を発表いたしました。
 そこで、自動車産業を基幹産業とする本市において、水素社会の実現への大きな一歩として、この「クラリティ」を中部地区で初めて導入し、本日11時30分より市役所西ロータリーにて納車式を執り行わせていただきます。
 納車後は公用車としてだけではなく、市内小・中学校での環境教育のためや、イベント時の展示など幅広く活用させていただく予定です。
 
産業政策課

配布資料(PDF)