記者会見資料

●●●[定例16/06/23]ふるさと納税「すずか応援寄附金」の拡充について


 本市では、平成20年度から「すずか応援寄附金」として取り組んでおりますが、寄附金という制度の趣旨を踏まえ、寄附者に対する返礼品(鈴鹿のお茶)とお礼状での対応としておりました。
 しかしながら、昨今の他自治体の取組やH27年4月1日からの税制改正等の状況を見て、本市でも政策を転換し、ふるさと納税に対する「興味・理解・機会」につながる取組を推進することとし、特に地域資源の発信に繋げるシティーセールスの観点、地場産品のPR及び販売促進に繋がる産業振興の観点、寄附機会・納付環境の拡大から財源の確保に繋げていくという3つの点に主眼を置き、庁内にワーキンググループを設置して、申込方法の改善や返礼品の拡充等を図るための調査研究を進めてまいりました。
 その結果、この制度について3つの内容を拡充し、7月1日(金)から運用を開始することになりました。
 7月1日(金)には、本市のホームページにも、専用のバナーを設置し、申込みサイトに繋げるほか、7月5日号の広報すずかにも掲載し、申込サイトの開設や、寄附の呼びかけなど広報していく予定でございます。

 
総合政策課

配付資料(PDF)