記者会見資料

●●●[定例15/12/10]「SUZUKA女性活躍推進連携会議」の設立について


女性活躍推進連携会議のイメージ
 
 この連携会議は、市内の企業や団体、高等教育機関等を構成員とし、官民学が一体となって鈴鹿市の女性活躍推進に取り組もうとするものです。

 国においては、今年8月に「女性活躍推進法」(女性の職業生活における活躍の推進に関する法律)が成立し、女性の活躍促進を国の成長戦略の中核と位置づけ、経済界とも連携して積極的に取り組んでいます。

 本市は、ご承知のとおり製造業を中心とする大手、中小企業が多く、女性従業員が少ないことから、管理職や監督職への女性登用があまり進んでいない現状があります。
 この連携会議の設立により、市内の事業所における女性の活躍推進への機運を醸成し、鈴鹿市全体の活性化と男女共同参画意識の向上をめざします。

 私は、平成25年度より、内閣府の男女共同参画会議の専門委員として、国の男女共同参画に関する施策の監視専門調査会に所属していますので、そこでの経験も活かしながら、リーダーシップを発揮して、女性の活躍によりこの鈴鹿市がもっと元気になるような取組を、みなさんとともに積極的に展開していきたいと考えております。
 
男女共同参画課

配布資料〔PDF/409KB〕