記者会見資料

●●●[定例15/12/10]特殊詐欺被害の未然防止に関する協定締結調印式について


 近年社会問題となっているオレオレ詐欺や架空請求詐欺等の特殊詐欺被害は、年々増加傾向を示しており、平成26年中の県内の被害金額は、過去最高額となりました。本年についても、増加傾向を示しております。
 特殊詐欺の被害を防止するため、各種対策を実施しておりますが、新たな手口も見られ、特殊詐欺の撲滅につながっていない状況です。

 特殊詐欺は、年金生活の高齢者の方が被害者となるケースが多く、人の不安や親心につけ込んだ卑劣な犯罪です。
 そこで、特殊詐欺被害を一件でも多く防止するため、関係機関3者で協定を結び、3者がスクラムを組み対策を実施することにより、特殊詐欺の発生抑止につなげていきます。
 
交通防犯課

配布資料〔PDF/332KB〕