記者会見資料

●●●[定例15/10/08]「大黒屋光太夫記念館 第11回特別展」の開催について


特別展チラシ画像
 
 この度、開館10周年を迎えます大黒屋光太夫記念館におきまして「井上靖『おろしや国酔夢譚(こくすいむたん)』の世界」と題し、特別展を開催します。

 大黒屋光太夫を主人公とする長編歴史小説『おろしや国酔夢譚』は文豪、井上靖先生によって昭和41年から同43年にかけて「文藝春秋」に連載され第1回日本文学大賞を受賞しました。
 また、平成4年には、映画化もされロシア語の翻訳版も出版され、光太夫を広く世に知らしめる作品となりました。

 本特別展では、遺(のこ)された原稿や取材ノートなどを通して小説執筆の背景やものがたりの世界を紹介します。
 大黒屋光太夫一行の漂流事件を、ロシアと日本の関係において最も大切な問題としてとらえた井上靖先生とその作品に、あらためて触れていただく機会となれば幸いです。
 
文化財課
大黒屋光太夫記念館ホームページ

配布資料〔PDF/1.82MB〕