記者会見資料

●●●[定例15/07/23]ネーミングライツ・パートナーの募集について


施設画像
 
 ネーミングライツ・パートナーの募集につきましては、行財政改革アクションプランの一つとして取り組んでいる「広告収入の確保」の一環として実施させていただくもので、本年5月の、行財政改革 推進本部会議でその基本方針を決定させていただきました。

 今回、その基本方針に基づき「鈴鹿市立体育館」と「石垣池公園陸上競技場」の2施設を選定し、ネーミングライツ・パートナーを募集します。
 現在、県内で、スポーツ施設にネーミングライツを導入している自治体は、三重県の他、名張市、松阪市、桑名市の3市ございます。

 本市におきましても、ネーミングライツの導入により、民間の資源 や ノウハウなどを活用させていただき、地域の活性化 および 自主財源の確保を図り、市民サービスの向上につなげていきたいと考えております。
 
スポーツ課

配布資料〔PDF/1.90MB〕