記者会見資料

●●●[定例15/07/09]ひとり親家庭に育つ児童等の学習支援「まなびーの」の開設について


 
 本市では、経済的な事情で塾に通うことができないひとり親家庭の児童の学習支援に加え、親子の日頃の悩みや進学等についての相談などを通じて、ひとり親家庭を支援しようとする「まなびーの」を開設いたします。

 小学4年生から中学3年生までの児童、生徒合わせて30人程度を対象とし、鈴鹿市勤労青少年ホームで実施いたします。

 委託先の選定についてでございますが、先ほども申し上げましたように、児童の学習支援だけでなく、保護者の悩みや相談を受けることにも重点を置くことを特色としております。
 このため、ひとり親家庭の置かれた状況を深く理解し、きめ細かな支援を行うことができる鈴鹿市母子寡婦福祉会へ委託いたします。
 
子ども政策課

配布資料〔PDF/395KB〕