記者会見資料

●●●[定例15/06/03]モータースポーツ課外授業『レーシング・ライダー&マシン訪問』について


HONDA鈴鹿レーシング
 
 本市では平成16年12月24日に国内で初めてモータースポーツ都市宣言をしてから、さまざまな形で市民の皆さまにモータースポーツに触れていただく機会を提供してまいりました。

 今回は、初めての取り組みとして事前に募集をし、申込みがあった4つの小学校におきまして課外授業『レーシング・ライダー&マシン訪問』を実施させていただきます。

 本課外授業では、鈴鹿8時間耐久ロードレースをはじめとして、国内のトップカテゴリーで活躍されている地元のホンダ鈴鹿レーシングチームのご協力により、実際に鈴鹿8耐で使用するマシンを持ち込んで、子どもたちに見ていただこうと思っております。

 そして、授業では、鈴鹿市とモータースポーツの関わりを学んだり、トップライダーとして活躍されております日浦大治朗選手から夢を実現されるまでのお話を聞いたりと、子どもたちにとって貴重な体験の場になるよう進めてまいりたいと考えております。
 
地域資源活用課

配布資料〔PDF/249KB〕