記者会見資料

●●●[定例15/01/07]鈴鹿市シティセールス特命大使の委嘱について


 
 シティセールス特命大使につきましては、本市のシティセールス戦略の中のネットワークづくりの一環として取り組んでいるものでございます。
 現在、15名の本市にゆかりのある方々にご就任いただき、本市の魅力を広く発信し、本市のPRやイメージアップを図っていただいております。
 今年度は、本市がモータースポーツ都市宣言をしてから10周年を迎えますことから、この節目の年に本市の地域資源であるモータースポーツの分野からの情報発信を行い、本市のPRやイメージアップを図るため、新たに「鈴鹿 と・き・め・き モータースポーツ大使」を委嘱したいと考え、その候補として、この地域を中心に活躍し、全国的・世界的な規模での活躍や知名度がある方々を対象に、選定を行ってまいりました。

 その結果、 個人以外としては初めての大使としまして「モリワキレーシング」、「TSR」を、また「小島庸平」氏を選定し、本日付で正式に決定させていただきました。

 先ず、「モリワキレーシング」は、ロードレース世界選手権など、国内は言うに及ばず、海外のレースでも現在、ご活躍されております。

 「TSR」につきましては、特に、本市の夏の風物詩である鈴鹿8時間耐久ロードレースにおいて、2011年、2012年と2連覇を果たすなど、名実ともに世界ナンバーワンの存在感を有しておられます。

 何れも 本市に本社が所在するレーシングチームでございまして、モータースポーツ界では圧倒的な知名度を誇っておられます。

 「小島庸平」氏につきましては、本市在住のモトクロスライダーでございまして、若くして日本のトップライダーとなられ、海外レースでも御活躍され、日本では、トップクラスの成績を維持し、モトクロス界では圧倒的な知名度を誇っておられます。

 このような豊富な実績などから、「モリワキレーシング」、「TSR」、「小島庸平」氏の何れもが、高いシティセールス効果が期待できるものと考え、シティセールス特命大使に選定した次第でございます。

 委嘱式については、今年の2月22日(日曜日)に、文化会館におきまして開催いたします「鈴鹿モータースポーツ祭」の中で執り行いたいと考えております。
 
総合政策課

配布資料〔PDF/406KB〕