記者会見資料

●●●[定例14/09/26]鈴鹿市いじめ防止基本方針の策定について


 本基本方針は、国におきまして、平成25年6月28日に「いじめ防止対策推進法」が公布されておりまして、同法第12条に、地方公共団体は、地域の実情に応じ、いじめの防止等のための対策を総合的かつ効果的に推進するため「地方いじめ防止基本方針」を定めるよう努めることが規定されております。

 必置規定ではございませんが、本市といたしましては、いじめの防止等の対策に、積極的に取り組んでいく必要があると考え、有識者の方々の他に市民公募委員を加えました「鈴鹿市いじめ防止対策検討委員会」を設置し、検討を重ね、策定したものでございます。

 本基本方針は、本市におきますいじめの問題への基本理念やいじめ防止等のための基本的な考え方、いじめの防止等を目的とした組織、市教育委員会や学校におけるいじめの防止等の方策、重大事態への対処について取りまとめております。

また、本基本方針の主な特色は、次の通りでございます。
1点目は、いじめを未然防止する対策等を重視した点。
2点目は、いじめの防止等に関する基本的な考え方を12項目で構成した点。
3点目は、子ども家庭支援課、学校運営協議会、鈴鹿市青少年対策推進本部といった市の既存組織との連携を位置づけた点。
4点目は、いじめ防止等の対策について市教育委員会と学校の役割を整理して表した点。
5点目は、外国人児童生徒や障がいのある児童生徒との共生社会の実現に向けた視点を明記した点。
6点目は、学校が策定する基本方針に、各学校のいじめの問題への対処要領を必ず明記するとともに、学校ホームページで公表することとした点。
でございます。

今後は、本基本方針に基づき、いじめの未然防止・早期対応に一層努めて参ります。
 
教育支援課

配布資料〔PDF/506KB〕