記者会見資料

●●●[定例14/07/24]市民学習活性化事業 すずか市民アカデミー「まなベル」について


 
 本年度で2年目を迎えました「まなベル」の目的でございますが、この「まなベル」を通じ、市民の皆さんが「学びの楽しさ」を実感され、「さらに詳しく知りたい」といったより専門的分野への学習を支援することで、生涯学習をさらに深めていくものでございます。

 ご協力いただく教育機関は、市内4つの高等教育機関で「鈴鹿短期大学」「鈴鹿国際大学」「鈴鹿医療科学大学」そして「鈴鹿工業高等専門学校」でございます。
 これは、本市に4つの高等教育機関が存在するといった他の市にはない「強み」を活かし、「学官連携」の一環でも、ご協力をいただくものです。

 本年度のテーマですが、「SUZUKAの魅力 再発見!」といったテーマを設定しました。講座は「すずか」といった切り口で、子育て・モータースポーツ・先端技術・食・健康などの分野で、それぞれの高等教育機関が取組まれているノウハウを活かした内容となっております。
 また、本年度からは 対象者の門戸を拡大して、高校生から受講可能にするなど、改善を図っています。

 この「まなベル」を通じて、鈴鹿の魅力が再発見でき、市民学習の活性化の一助となるよう進めてまいりたいと考えています。
 
文化振興課

配布資料〔PDF/880KB〕