記者会見資料

●●●[定例14/02/21]中勢バイパス開通記念イベントの開催について


 
 中勢バイパスは、鈴鹿市北玉垣町を起点とし、津市を経由して松阪市小津町に至る延長約33.8kmの広域幹線道路であり、鈴鹿市にとりましても、市内を縦断する幹線道路として市民の生活面や産業面にとっても、また防災面にとっても、非常に重要な道路であります。
 これまでに全線の約6割が供用していますが、本市では平成17年に6工区であります(御薗)工区(2.3km)が供用されてから、長らく待ち望んでいた5工区(稲生)工区1.8kmが予定より一年前倒しされ今年の3月23日に開通いたします。
本市としましても非常に喜ばしく思っておりますし、市民の皆様にもご利用いただき少しでも混雑解消に繋がればと考えております。

 この開通を記念しまして、イベントを実施いたします。

 イベントでは、ファミリーウォークのほか、鈴鹿と・き・め・きモータースポーツ大使である中嶋悟さん、元プロ車いすランナーの伊藤智也さんとともに私もトークショーに参加いたします。
 また、モータースポーツ都市でもある鈴鹿市のPRとして、中学生エネワンカーや鈴鹿工業高等専門学校のソーラーカーの走行、さらにはスーパーフォーミュラカーと鈴鹿8耐で有名なバイクの走行もいたします。
 地域参加型のイベントであり、市民の皆様に限らず、市外からもたくさんの方々に来ていただけるよう計画していますので、奮ってご参加いただきたいと考えています。

 本市としましては、このイベントを契機として、中勢バイパスの整備促進を市民の皆さんとともに進めていきたいと考えていますので、よろしくお願いいたします。
 
土木総務課

配布資料〔PDF/892KB〕