記者会見資料

●●●[定例14/11/07]広告付電柱看板を活用したいじめ及び児童虐待防止に関する啓発事業について


 
 それでは、広告付電柱看板を活用した、いじめ及び児童虐待防止に関する啓発事業についてご説明いたします。
 この事業につきましては、8月1日の定例記者会見で皆さまにご説明しましたとおりでございます。

 いじめ防止や児童虐待対策に関する標語などを表示した広告付き電柱看板を、人目に付きやすい市内の電柱に設置し、それらの問題に関する啓発と相談窓口の周知を目的に、児童虐待防止推進月間である今月にあわせて準備を進めてまいりましたが、このたび、啓発看板が完成しましたので、皆さまにご報告をさせていただきたいと思います。

 本市といたしましては、いじめや児童虐待をなくしたい、未来を担う子どもたちを大切にしたいという強い気持ちをもって、日頃から取り組んでいるところでございますが、その取り組みに関しましては市民の皆さんにも同じような意識で、地域において子どもたちを見守っていただくことも重要であると思います。
 そういった意味から、啓発看板の作製にあたりましては、市民の皆さんと一緒になって、いじめや児童虐待に関する問題への理解とそれらの防止に対する意識を高めたいとの思いから、市民の皆さんに看板に表示する標語等を募集させていただきました。

 その結果、たくさんの素晴らしい作品をお寄せいただき、そのなかから数点の作品を選定させていただき、他のどこにもない本市独自の啓発看板が完成いたしました。

 本日は、この会見のあと、11時30分から、市長室におきまして、すばらしい作品を応募いただいた方々をお招きし表彰式を行う予定でございますので、よろしくお願いいたします。
 
子ども家庭支援課
関連:定例記者会見(8月1日)

配布資料〔PDF/168KB〕