記者会見資料

●●●[定例13/07/11]クールシェアへの参加施設・店舗の募集について


 
 今年度、7月から9月の夏の期間における電気の需給状況ですが、必ずしも楽観できるものではなく、数値目標こそ設定されていないものの、無理のない形で、できるかぎりの節電に取り組むよう要請がなされています。

 特に電力使用量が最も大きくなる午後の時間帯において、ピークカット・ピークシフトなどの取り組みによって使用最大電力の抑制を図ることが重要となってまいります。
 使用最大電力の抑制を図るための取り組みの一つとして、「クールシェア」があります。

 夏の午後は、一般家庭での電力使用の半分以上をエアコンが占めています。ひとり一台のエアコン使用をやめて、施設や店舗などの涼しい場所に出かけて、冷房空間を共有・シェアすることにより、家庭の消費電力の抑制を図る取り組みが「クールシェア」です。

 今回、市では、このクールシェアの趣旨に賛同し、参加していただける店舗の募集を行います。市のホームページにクールシェアについて掲載し、参加を呼び掛けます。
 また、鈴鹿商工会議所 様にご協力をいただき、会員 事業者 様あてにご案内を送信し、参加していただける店舗の募集を行う予定です。
 ピーク時間帯での使用最大電力の抑制につながっていきますよう、できるだけ多くの店舗に、ご理解・ご協力いただきますよう、お願い申し上げます。
 
環境政策課

配布資料〔PDF/766KB〕