記者会見資料

●●●[定例12/04/12]津波ハザードマップについて


全戸配布する津波ハザードマップ
 
 津波からの避難意識の高揚と、日頃からの津波被害への備えを常に心がけることで、被害の防止や軽減を図れるよう、本市では、三重県が平成24年3月に作成しました「東北地方太平洋沖地震と同規模の地震を想定した場合の津波浸水予測図」(東海・東南海・南海地震同時発生時・マグニチュード9.0を想定)に基づき、3種類の「鈴鹿市津波ハザードマップ」を作成し、それぞれ、対象となる地域に全戸配布いたします。

 このマップは、表面には、鈴鹿市が平成23年8月に作成しました「鈴鹿市沿岸部標高マップ」と、津波時に的確な避難行動ができるように、「津波避難の心得」などの情報を、また、裏面には、「津波浸水予測図」を掲載させていただきました。

 なお、三重県が平成24年3月に作成しました「津波浸水予測図」を、全戸配布いたしますのは、県内では、鈴鹿市が最初でございます。
 
防災危機管理課

配布資料〔PDF/3.45MB〕