記者会見資料

●●●[定例14/02/23]津波避難ビルの指定について


フォレスト白子全景
 
 本市におきましては、津波からの避難が困難な方を対象とした施設を確保するため、津波避難ビルの確保に努めてまいりましたが、この度、新たに1施設のご協力が得られましたので、本日付けで『津波発生時における緊急避難施設としての使用に関する協定』を締結いたします。

 今回、協定をいただきます施設は、玄関オートロック付き分譲マンション(40世帯入居)のフォレスト白子であり、津波警報が発表され津波浸水の恐れがある場合には、入居者がオートロックを解除して避難住民を受け入れていただきます。なお、オートロック付きマンションとの津波避難ビル協定締結につきましては、三重県内では鈴鹿市が第1号であります。今回の協定により、民間の津波避難施設は10施設となります。
 
危機管理部防災危機管理課

配布資料〔PDF/404KB〕