記者会見資料

●●●[定例14/01/26]全国居住支援協議会連絡会議の開催について


 本市において「市民一人ひとりが住まいを確保し、安心して笑顔で暮らしつづけられるまち」を基本理念に置き、住宅セーフティネットの構築を主な目的として、民間賃貸住宅と連携した住宅確保要配慮者の居住安定と民間賃貸住宅の活用を促すために『三重県居住支援連絡会』が昨年1月に全国で5例目として設立して、早1年が経過いたしました。

 この間に、全国にいくつかの居住支援協議会が設立されてきており、各居住支援協議会では、模索しながら個々の取り組みを行っております。各協議会には、それぞれ独自の事業があり、それに伴う課題もあることから、事例及び成果発表、あるいは課題解決のための意見交換を行うことにより「進んだ居住支援活動ができるのではないか」という観点から、平成24年2月9日(木)から10日(金)にかけて、全国で初めて、鈴鹿市で『全国居住支援協議会連絡会議』が開催されます。
 
都市整備部住宅政策課

配布資料〔PDF/818KB〕