記者会見資料

●●●[定例14/12/21]市制施行70周年キックオフイベントについて


キックオフイベントPRチラシ
 
 本市は、昭和17年12月1日に、鈴鹿郡、河芸郡の2町12か村が合併して市制を施行し、人口約5万2千人の市としてスタートいたしました。その後、数度の合併を経まして、東に伊勢湾、西に鈴鹿山脈と非常に恵まれた自然環境のもとで市域を形成するに至っております。また、昭和30年代には自動車産業など数多くの企業を誘致し、県内有数の内陸工業都市として、また、農業においても、茶や花木をはじめ、水稲などの生産が活発に行われ、農業と工業がともに成長した都市として今日まで発展を遂げてまいりました。そして、平成24年12月1日には、市制施行70周年という節目を迎えます。

 今後も、産業、経済、文化、市民生活などにおいて調和のとれた発展を目指してまいりたいと考えており、この70周年を契機として新たなまちづくりの展開につながるように、市民が元気になるようにそのような趣旨で記念事業に取り組んでいきたいと考えております。まずは、平成24年1月15日の日曜日に市制施行70周年キックオフイベントとして記念事業を文化会館で開催し、市制施行70周年を広く市民に向けましてアピールしてまいりたいと存じます。
 
総合政策課

配布資料〔PDF/498KB〕