●庄野宿資料館●

庄野宿資料館は、庄野宿に残る膨大な宿場関係資料の活用と旧小林家(市指定文化財)の保存を進めるため、主屋の一部を創建当時の姿に復元して、平成10年に開館しました。館内には、庄野宿の本陣・脇本陣文書、宿駅関係資料をはじめ、日本画壇で活躍された故小林彦三郎さんの絵画や文書の他、地域に残る民具、農具、日用品などを展示しています。庄野宿は東海道五十三次の四十五番目の宿として発展し、また安藤広重が描く「東海道五十三次」の風景版画の中の傑作といわれる「庄野の白雨」でもよく知られています。

庄野町21-8
見学は10時〜16時
休館日/月曜日(休日の場合は開館)、火曜日、第3水曜日、年末年始
059(370)2555

トップへ戻る