●ごみの出し方●

◆もやせるごみ(週2回収集)/鈴鹿市認定の『もやせるごみ収集袋』で出してください。
該当するもの:生ごみ、紙くず、庭木の剪定ごみ、紙おむつ、吸いがら、ぬいぐるみ、貝がら、座布団、カーテン、シーツ、固化処理した食用油、市販のペット用砂、汚れの落ちないまたは落としにくいプラスチック製容器包装
※生ごみは十分に水切りし、紙おむつと市販のペット用砂は汚物を取り除いてください。

◆プラスチックごみ(週1回収集)/鈴鹿市認定の『プラスチックごみ収集袋』で出してください。
該当するもの:プラスチック製容器包装(例:ビニール袋、ラップ類、トレイ、卵などのパック、発砲スチロール)
※水ですすいだり、紙でふきとったりして、中身が残っていないようにしてください。
※フタやキャップは外して排出してください。
※レジ袋などで二重袋にせず、直接認定袋に入れてください。
※ペットボトル本体は対象外です(資源ごみBまたはもやせないごみで出してください)

◆もやせないごみ(月1回収集)/鈴鹿市認定の『もやせないごみ収集袋』で出してください。
該当するもの:金属製品(なべ、フライパンなど)、くつ、かさ、電球、ゴム製品、スプレー、ライター、小型電化製品、ガラス、陶磁器、電球、プラスチック製品
※刃物や割れたガラスなどの危険物は、紙などに包んで中身を表示してください。
※スプレー缶は、必ず屋外で穴を開けてください。また、廃棄の際にはスプレー缶だけ分けて透明袋に入れてください。

◆資源ごみ(A・Bとも 月2回収集)
該当するもの:資源ごみAは、紙類(新聞紙、雑誌、段ボール、紙パック)、資源ごみBは、衣類、あきびん(無色透明、茶色、その他の色)、あきかん、ペットボトル

◆有害ごみ(年3回収集)/市が配布した別々の専用袋に入れて出してください。
該当するもの:乾電池、その他有害ごみ(蛍光管、鏡、水銀体温計)
※蛍光管の紙のカバーは取り外してください。

廃棄物対策課
059(382)7609

トップへ戻る