行事・イベント

プラネタリウムのご案内

担当:文化会館 TEL 059-382-8111 FAX 059-382-8580

ここから本文です。

プラネタリウムの番組

一般番組

12月8日(土曜日)〜平成31年3月3日(日曜日)

全天周投映「ケンタの星探し(〜イルカのドルとだいぼうけん〜)」

 「星なんかなくなっちゃえばいいんだ」このなにげないひとことで、怒って消えてしまったお星さまに夜空へもどってもらうため、ケンタとイルカのドルの大冒険が始まります。

まほうつかいリリィせいざをさがしに

星座の解説

 厳しく凛と冴えわたった冬の星空は、寂しい地上の風景とは逆に華やかな星たちが輝いています。その中でも全天一の明るさを持つ星は、「おおいぬ座」のシリウスです。この星の右上には有名な「オリオン座」で、中央の三つ星を中心にして赤い星ベテルギウスと白い星リゲルが輝いています。この赤い星と先ほどのシリウスを使ってもう1個の星を結ぶと、大きな三角を作ることができます。これが冬の大三角形で、もう1個の星は「こいぬ座」のプロキオンです。
 そして、オリオンから右上の方向には、赤い星があります。これは「おうし座」のアルデバランで、おうしの眼になります。おうし座の背中には、すばるという星の集まりを見ることができます。

変身に失敗した「やぎ座」
 馬車で駆け巡った「ぎょしゃ座」のギリシャ神話。

※入場無料です。
※12月4日(火曜日)〜7日(金曜日)は番組入替えのため投映を休止します。

学習番組(小学校3年生〜6年生対象。学校団体申込みに限ります。)

 「日なたと日影、太陽、月、星の動き」
※事前にご予約の上、ご来館ください。

幼児番組(未就学児対象。保育園、幼稚園などの団体申込みに限ります。)

  1. 「手袋を買いに」
  2. 「星空動物園へ行こう」
  3. 「ピーターパンと宇宙へGO」
  4. 「星の人魚姫」
  5. 「ジャックと豆の木」
  6. 「こまねこのクリスマス」
  7. 「リラックマのプラネタリウム」

※1〜7番組の中から、1番組を選択してください。
※事前にご予約の上、ご来館ください。

天体観望会(平成30年度分は終了しました)

プラネタリウムでテーマの解説後、屋上に上がり天体望遠鏡で観察します。

左右にフリックすると表がスライドします。

開催日時時間テーマ
5月26日(土曜日)いずれも
19:00〜20:30
金星の大気のひみつ
6月23日(土曜日)木星と衛星のなぞ
7月28日(土曜日)火星の大接近
8月18日(土曜日)月火(水)木金土星の大集合
9月15日(土曜日)名月と月の裏側のなぞ
10月27日(土曜日)土星のリングと衛星カッシーニ探査

プラネタリウム投映時間

1回目  10時30分から
2回目  13時30分から
3回目  15時から

定員各回180名(10名以上の団体は早めにご予約ください)
休館日毎週月曜日と第3火曜日(その日が「国民の祝日」の時はその翌日)
12月28日から翌年1月4日まで

※点検などで投映を休止することがありますので、事前に電話で確認の上、お越しください。

プラネタリウムの概要

プラネタリウム直径15メートルのドーム内に各季節の星座を投映し、180人が観賞できます。

プラネタリウムギャラリー

時間 10時〜16時
施設 宇宙体重計、AVガイド12番組、天球儀、太陽系運行儀、隕石の標本など