福祉

不育症治療費の助成

担当:子ども政策課 (TEL 059-382-7661 FAX 059-382-9054)

ここから本文です。

 本市では不育症の治療等を受けた方に対し、治療にかかる費用の一部について助成を行っています。

不育症とは

 不育症とは妊娠はするものの流産や死産を2回以上繰り返し、結果的に出産に至らないことをいいます。

1 対象者(次の要件を全て満たしている方)

  • 法律上の婚姻をしている夫婦で、少なくとも夫婦の一方が治療期間、申請日および助成金の交付決定日において鈴鹿市に住民登録している方
  • 公益社団法人日本産科婦人科学会専門医を有する医療機関において、不育症と診断された方
  • 医療保険各法の被保険者等である方
  • 前年の夫婦の所得(1月から5月分までの申請は前々年の所得)の合計額が730万円未満である方

2 対象治療

 公益社団法人日本産科婦人科学会専門医を有する医療機関において、不育症と診断された夫婦に対して実施する保険診療外の検査及び治療

3 申請期間

 1回の治療期間ごとに、治療期間の終了日が属する年度の3月末日まで

※治療期間は、1回の妊娠にかかる不育症治療を開始した日から妊娠に関する出産、流産、死産等に伴い治療が終了するまでのことをいいます。

4 助成金額

 治療期間における助成の対象となる治療費の自己負担額の2分の1(上限10万円)

 ただし、保険診療の費用、入院時の差額ベット代、食事代、文書料などの費用、処方箋によらない医薬品などの費用、出産・流産・死産などに係る費用は除きます。

5 助成回数

 1年度あたり1回(通算5回まで)

6 申請に必要なもの

  • 鈴鹿市不育症治療費助成金申請書
  • 不育症治療受診等証明書
  • 医療機関の発行する不育症治療に係る領収書と診療明細書
  • 夫婦の健康保険証
  • 印鑑
  • 申請者名義の預金通帳
  • 戸籍謄本(鈴鹿市で夫婦関係が確認できない場合にのみ必要)
  • 住民票(鈴鹿市に住民登録がない場合にのみ必要)
  • 所得課税証明書(鈴鹿市で所得金額が確認できない場合にのみ必要)

様式