保険・年金

国民年金について

担当:保険年金課 (TEL 382-9401 FAX 382-9455)

ここから本文です。

 日本国内に居住している20歳以上60歳未満の方は、国民年金の被保険者となります。国民年金には「第1号被保険者」「第2号被保険者」「第3号被保険者」と3種類あり、どの制度に加入するかにより、保険料の納め方が異なります。

第1号被保険者自営業者、学生、フリーター、無職の方など。
保険料は自分で納めます。
第2号被保険者厚生年金に加入している会社員、公務員など。
保険料は給料から天引きされます。
第3号被保険者第2号被保険者の配偶者に扶養されている20歳以上60歳未満の方。
保険料はかかりません。

20歳になった方

 20歳になると、国民年金の加入手続きが必要です(厚生年金保険加入者、またはその配偶者に扶養されている方を除く)。

 20歳の誕生月前月または当月上旬に、日本年金機構から「国民年金被保険者関係届書(申出書)」が届きます。必要事項を記入のうえ、保険年金課国民年金グループ、地区市民センターまたは津年金事務所に提出してください。

 また、保険料の免除・猶予制度や学生納付特例制度の申請書を同時に提出することもできます。

 免除・納付猶予・学生納付特例制度についてはこちらをご覧ください。

海外に在住する日本人の方

 20歳以上60歳未満の方(第2号被保険者、第3号被保険者を除く)が海外に転出・居住することになり、日本国内に住所を有しなくなった場合、国民年金の資格を喪失しますが、本人の希望によって国民年金に任意加入することができます。任意加入には手続きが必要です。保険年金課国民年金グループまでお問合せください。

左右にフリックすると表がスライドします。

任意加入する任意加入しない
  • 保険料納付済期間に応じた老齢年金を受け取ることができます。
  • 任意加入したうえで保険料を納めることで、海外在住期間に死亡したときや、病気やけがで障害が残ったときに遺族基礎年金や障害基礎年金が支給されます。
  • 海外在住期間は、老齢年金の受給資格期間には含まれますが、老齢基礎年金額には反映されません。
  • 海外在住期間に死亡したときや、病気やけがで障害が残ったときに、遺族年金や障害年金が支給されません。

海外から帰国(入国)した方

 20歳以上60歳未満の方(第2号被保険者、第3号被保険者を除く)が海外から帰国(入国)し、日本国内に住所を有した場合、国民年金は強制加入被保険者となります。強制加入には手続が必要ですので、保険年金課国民年金グループまたは地区市民センターで手続きしてください。

 任意加入被保険者の方が帰国し、日本国内に住所を有した場合も、強制加入被保険者となる手続きが必要です。一時帰国などで短期間だけ国内に住所を有した場合も、その期間については強制加入被保険者となりますので、手続きが必要になります。任意加入の際に、付加保険料や口座振替による納付を申し出ていた方が強制加入後も継続を希望される場合は、強制加入手続きの際、再度申出をしていただく必要があります。保険年金課国民年金グループまたは地区市民センターで手続きしてください。

60歳以上65歳未満の方で老齢基礎年金を満額に近づけたい方

 60歳までに老齢基礎年金の受給資格を満たしていない場合や、40年の納付済期間がないため老齢基礎年金を満額受給できない場合などで年金額の増額を希望するときは、60歳以降でも国民年金に任意加入することができます。(厚生年金保険、共済組合などの加入者を除く)

 保険料の納付方法は、口座振替が原則となります。申出のあった月からの加入となり、遡って加入することはできません。

任意加入できる条件

 次の1〜4のすべての条件を満たす方が任意加入をすることができます。

  1. 日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の方。
  2. 老齢基礎年金の繰上げ支給を受けていない方。
  3. 20歳以上60歳未満までの保険料の納付月数が480月(40年)未満の方。
  4. 厚生年金・共済組合などに加入していない方。

 ※年金の受給資格を満たしていない65歳以上70歳未満の方も加入できます。
 ※外国に居住する日本人で20歳以上65歳未満の方も加入できます。

 保険年金課国民年金グループまたは津年金事務所で手続きをしてください。

 手続きに必要な持ちものは下記のとおりです。

  1. 年金手帳
  2. 預(貯)金通帳および金融機関の届出印
  3. 本人確認書類(運転免許証など)

※保険年金課国民年金グループ、地区市民センターにて本人もしくは同一世帯構成員以外の方が手続きされる場合は、本人からの委任状が必要です。

※津年金事務所にて本人以外の方が手続きされる場合は、本人からの委任状が必要です。日本年金機構のホームページ

問い合わせ先

日本年金機構津年金事務所(電話059-228-9112)