保険・年金

●●●交通事故に遭ったとき

担当:保険年金課 (TEL 382-7605 FAX 382-9455)

●届け出はお早めに
 交通事故など、第三者の行為によって傷病を受けた場合でも、国民健康保険を使って治療を受けることができます。ただし、その場合はただちに保険年金課への届出が必要です。下記のものをご用意いただき、まず保険年金課へお電話ください。電話で事故状況などをお聞きし、内容によっては別の書類提出をお願いします。

第三者の行為による被害届 (PDF)  記入例(PDF)
・印鑑
・本人確認書類(運転免許証など)
・国民健康保険被保険者証

●医療負担は加害者の責任
 第三者行為によって受けた傷病の医療費は、皆さんに納付いただいた保険税から支払うべきものではなく、負傷の原因を作った加害者が支払うべきものです。一時的に国保が立て替えている状態なので、国保が後日、加害者に対して費用の請求をします。

●示談は慎重に
 保険年金課へ届け出る前に示談をすると、その取り決めが優先して、国保から加害者に医療費を請求できないときがあります。後遺症の治療なども考慮して、示談の前には必ず保険年金課へ届け出てください。