税金

●●●未登記建物の名義を変更するときは

担当:資産税課(TEL 382-9007 FAX 382-7604)

 売買・相続などで未登記家屋(法務局に登記されていない家屋)の所有者名義を変更するときは、家屋補充課税台帳登録名義人変更届(名義人変更届)を提出してください。名義変更の原因によって、添付書類が異なります。主なものを挙げましたので、下記1〜3をご覧ください。

1.売買・贈与・財産分与の場合
 旧所有者は印鑑登録印(実印)を押印し、印鑑登録証明書(鈴鹿市で印鑑登録をしている方は戸籍住民課で受け取れます)を添付して提出してください。新所有者は認印で結構です。
 また、新所有者の住民登録が市外にある場合は、住民票の写しを添付してください。

2.相続の場合
 下記の書類(原本)をあわせて資産税課に直接提出してください。内容を確認後、原本は返却します。
 法務局で所有権移転登記を行った際に申請書に添付した書類があれば、同じものを提出してください。

  1. 遺産分割協議書、特別受益証明書、遺言書などの相続を証明する書類(印鑑登録印を押印してある書類には印鑑登録証明書を添付してください)
  2. 被相続人(旧所有者)の出生から死亡時までの一連の全部事項証明書(謄本)
  3. 相続人全員の個人事項証明書(抄本)
  4. 相続関係説明図(被相続人と相続人の相続関係を図示したもの)
  5. 新所有者の住民票
3.法人の商号変更・合併・組織変更等の場合
 その経緯がわかる商業法人登記簿の全部事項証明書(登記簿謄本)を添付して提出してください。

 不動産の名義変更については、お近くの司法書士(三重県司法書士会)へご相談できます。

ご不明な点、あるいは名義変更の原因が上記1〜3以外の場合は、資産税課(382-9007)までお問い合わせください。

家屋補充課税台帳名義人変更届   PDF   ワード
家屋補充課税台帳登録名義人変更届記入例(売買)(PDF)はこちら