税金

●●●原動機付自転車の改造(車両内容変更)

担当:市民税課

 原動機付自転車を改造し、排気量や車両種別が変更になる場合は、「原動機付自転車改造申請書」を提出してください。

 申告には、次のものが必要です。
 ■原動機付自転車改造申請書 または 改造受注者の作成した改造証明書
 (記載内容が「原動機付自転車改造申請書」と同程度のもの)
 ■登録するかたの印鑑
 ■ナンバープレート(車両種別が変更にならない場合は、不要)
 ■ミニカー(50cc以下)へ改造した場合は、車両全体および輪距の確認できる写真
 (寸法がわかるように、メジャーを入れた状態で撮影してください)

≪次のことにご注意ください≫
  • 「原動機付自転車改造申請書」に基づき、税額の区分が変更になる場合、標識の交付を行います。
    ただし、標識を交付することにより、当該車両の走行性、安全性、保安基準を満たしているかどうかなどについて、市役所が保障しているものではありません。
  • 道路交通法上の扱いについては、申請者の責任で行ってください。
    車両の保安基準を満たさないまま道路を運行した場合、整備不良または違法改造として、警察の取り締まりの対象となることがあります。
  • 改造等を偽って申告した場合は、地方税法448条に違反し罰せられますので、ご承知おきください。
  • ミニカーへの改造について、50ccを超える排気量改造を行った場合は、市役所では登録できません。
    4輪のミニカーにおいて、50ccを超える排気量改造を行う場合は、軽自動車扱いになります。登録については、軽自動車検査協会へ相談してください。

原動機付自転車改造申請書 PDF エクセル