戸籍・住民票などの手続き

婚姻届

担当:戸籍住民課 (TEL 059-382-9132 FAX 059-382-7608)

ここから本文です。

婚姻届

届出場所

戸籍住民課または地区市民センター

必要なもの

  • 届出書1通(届出人と証人2人の署名が必要)
  • 夫・妻それぞれの印鑑(旧氏の印鑑)
  • 夫・妻それぞれの戸籍の全部事項証明書(本籍が鈴鹿市の場合は必要ありません)
  • 国民健康保険証(加入者のみ)
  • 窓口に来られる方の本人確認ができる書類(運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、住基カード(写真付き)など官公庁発行の顔写真入りのもの)

 上記の官公庁発行の顔写真入りの証明書類に該当するものがない方は、戸籍住民課へお尋ねください。

※ご注意

  • 20歳未満の方の届出は、父母の同意が必要です。
  • 婚姻後同居する場合は、住所変更の手続きも必要となります。
    転入届または転居届

まちキュンご当地婚姻届について・・・

 平成29年3月22日から鈴鹿市とゼクシイのコラボによるオリジナルの婚姻届のダウンロードサービスが始まりました。専用サイトからダウンロードの上、ご利用ください。

婚姻届サンプル
提出用

 実際に全国の自治体で届書として提出することができる様式です。モータースポーツ都市宣言をしている鈴鹿市らしさを出した、かっこいいデザインです。「モータースポーツの聖地」鈴鹿の「チェッカーフラッグ」が二人の幸せな結婚(ゴールイン)を祝福します。

婚姻届サンプル
ふたりの記念用

 提出する婚姻届とは異なり、お二人の記念として保管するための様式です。お互いへのメッセージの書き込みや、思い出の写真の貼り付けもでき、一生の思い出として形に残すことができます。

※注意 「ふたりの記念用」の様式は、婚姻届として提出することはできません。提出用とふたりの記念用を使い分けてご利用ください。

<ご利用にあたって>

  • ご当地婚姻届をダウンロードするには、こちらへアクセスしてください。
  • 専用サイトでアンケートに回答していただくと、ご当地婚姻届のファイルを無料でダウンロードすることができます。
  • 必ずA3サイズで印刷してご利用してください。
  • ご当地婚姻届は、専用サイトからのダウンロードのみでの配布となっています。窓口での配布は行っていませんのでご注意ください。

戸籍について・・・

 戸籍は、あなたの個人の身分関係を明らかにする大切な公文書です。結婚したとき、赤ちゃんが産まれたときなど、人生のさまざまな節目を記録します。

 戸籍をつくる基本の単位は、一組の夫・妻とその子です。戸籍の最初に書かれている人のことを、筆頭者といいます。

 本籍とは、戸籍のある場所をいいます。日本国内であればどこの場所にも自由に設けることができます。ただし虚無の地番や土地の俗名を使うことはできません。

 詳しくは戸籍住民課 (TEL 059-382-9132)までお問い合わせください。

様式(記入例)