文字サイズ
  • 標準
  • 最大
学校
鈴鹿市教育委員会

ここから本文です。

鈴鹿市の学校給食について

担当:教育総務課 (TEL 382-1214)

鈴鹿市の学校給食の概要について、お知らせします。

学校給食の実施状況

市立小学校30校・幼稚園11園・市立中学校10校において、自校調理場方式または共同調理場方式により完全給食(主食・副食・牛乳)を実施しています。

献立について

平成29年度から小学校・幼稚園の給食において、調理施設の利点を活かしたよりよい給食提供のため、自校調理校と給食センター配送校で献立を分け、中学校給食と合わせて3つの献立で給食を実施しています。

文部科学省の「学校給食実施基準」の栄養量に基づき、地元で生産された食材を積極的に取り入れ、食品の種類を幅広く組み合わせることにより、食事内容の質の向上と栄養バランスを保つよう工夫しています。

主食について

現在、お米は鈴鹿市産のコシヒカリを使用し、白いご飯が主ですが、わかめご飯、赤かぶご飯、ちらしずしなど変わりご飯なども取り入れ変化を持たせています。

また、パンは県内産小麦粉30%を含んだ無漂白の小麦粉を使用し、おかずに合わせやすいように甘みを抑えた、食事にふさわしいパンに工夫しています。コッペパン、黒糖パン、鈴鹿のお茶パン、自分でつくる楽しみのあるセルフバーガーパンなどがあり、子どもたちの大好きなバラエティに富んだ揚げパンなども登場します。
パン、ご飯については次のとおり提供しています。

左右にフリックすると表がスライドします。

パン月曜(火曜日に揚げパンを提供することあり)
ご飯火曜、水曜、木曜、金曜

給食内容

学校給食イメージ1
小学校・幼稚園の給食の例イメージ
小学校・幼稚園の給食の例
中学校の給食の例イメージ
中学校の給食の例

平成30年度の給食費、給食予定回数について

左右にフリックすると表がスライドします。

 給食費(月額)給食予定回数一食単価
幼稚園・小学校4,200円186回248.39円
中学校4,750円175回298.58円
※学校・学年行事等で給食がない日があります。

子どもたちに給食が届くまで

献立原案検討委員会
献立原案検討委員会イメージ
5〜8カ月前 委員:栄養教諭(学校栄養職員)11名

望ましい食習慣の形成、子どもの嗜好、旬の食材、地場産物の活用、そして衛生的な調理が出来るかなどを考慮して、栄養基準量が充足されるような献立原案を作成しています。

献立検討委員会
献立検討委員会イメージ
4〜5カ月前 委員:校長・園長・PTA・小教諭・調理員の代表・学校給食センター所長
オブザーバー:JA職員・農林水産課職員

献立原案をもとに検討を行ない、献立を決定します。委員会では、各学校、幼稚園、調理室から寄せられる様々な意見が反映されるように配慮し、よりよい給食の献立となるよう努めています。

物資選定委員会
物資選定委員会イメージ
2〜4カ月前 委員:校長・園長・PTA・調理員の代表

市内全ての学校で共同購入している物資を、良質で安全かつ安価に購入できるよう選定しています。また、給食物資納品規格だけでは品質の判断がつきにくいものについては、サンプル品をもとに総合的な評価を行っています。併せて、共同購入業者の選定、業者指導も行います。

調理講習会
調理講習会イメージ
1〜2カ月前

栄養教諭(職員)が各調理室の調理員の代表に新献立の調理のデモストレーションと各月の調理のポイントを説明します。また、全体の調理上の意見交換の場になっています。

前のページへもどる