ここから本文です。

水泳(身・知)

競技の紹介

身体障がいのある選手と知的障がいのある選手が出場できる競技です。自由形、背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライの各25m・50mとリレー2種目が実施されます。

ここが魅力!

とこまる水泳イラスト

障がいの種類や程度が選手それぞれで異なるのと同じく、最適な泳ぎ方も選手それぞれで異なっています。自身の障がいに合わせた最適な泳ぎ方を見つけるために、選手たちは何度も試行錯誤を重ねます。圧倒的な練習量に裏付けされた、選手たちのたくましい泳ぎをぜひご覧ください。

競技会では、ターンとゴール時に壁への衝突を防ぐため、視覚障がいのある選手に安全な棒を使ってタッピングしたり、聴覚障がいのある選手に光でスタートを知らせたりします。また、水中スタートや浮具の使用が認められるなど、障がいの種類や程度によって様々な工夫が凝らされています。

水泳(身・知)が行われる会場

その他の競技

三重とこわか国体(正式競技)

三重とこわか国体(デモンストレーションスポーツ)

三重とこわか大会(正式競技)

  1. ※知:知的障がい者が出場できる競技