PFI

鈴鹿市不燃物リサイクルセンター2期事業


ここから本文です。

 本市では、国分町地内で現在稼働しているリサイクルセンターの老朽化と埋立処分場の埋立完了が近いことから、新たな施設の整備事業をPFI手法にて実施しています。

 この事業では、容器包装プラスチック処理施設と不燃・粗大ごみ処理施設で構成される「リサイクルセンター」と最終処分場を一体的に設計建設し、管理運営を行います。

 すでに、平成22年4月1日から容器包装プラスチック処理施設が稼働し、PFI事業者による運営が始まっています。

 また、平成22年度末に不燃・粗大ごみ処理施設が完成し、平成23年4月1日から「リサイクルセンター」が本格稼働しました。

各施設の稼働が開始される時期
容器包装プラスチック処理施設平成22年4月1日
不燃・粗大ごみ処理施設平成23年4月1日
最終処分場平成26年4月1日

事業の概要

イメージ図:鈴鹿市不燃物リサイクルセンター2期事業 完成予想図