農林水産業

●●●伐採及び伐採後の造林の届出制度


 森林法により、森林所有者等が地域森林計画(森林法第5条)の対象となっている森林の立木を伐採する場合は、事前に市町村長へ「伐採及び伐採後の造林の届出書」を提出することが義務付けられています。(森林法第10条の8第1項)

※保安林の伐採や1ヘクタールを超える開発行為に伴う伐採には、許可申請などの別の手続きが必要になりますので、詳しくは三重県(三重県四日市農林事務所 森林・林業室 059-352-0652)へお問い合わせください。

◆届出が必要となる対象の森林
 保安林等を除く地域森林計画対象森林
※届出の対象森林かどうかについては、農林水産課にて確認できますのでお問い合わせください。

◆届出の提出の対象者
 森林の所有者や立木を買い受けた方などが対象となります。
※連名で提出する場合もあり。

◆届出を提出する期間
 伐採を始める日の90日から30日前までに提出してください。

◆届出の内容
 伐採する森林の所在地、伐採面積、伐採期間、伐採方法、伐採後の造林の方法などです。
 詳しくは届出書の様式を参照してください。

    届出書様式PDF    ワード
    届出書様式記入例    PDF 

届出書の様式に必要事項を記入の上、下記の書類を添付してください。
※添付書類
位置図(1/5000〜1/5000程度のもの)
平面図(1/2500程度のもの)
同意書(届出人と所有者が異なる場合)
登記事項証明書(任意)