農林水産業

●●●森林の土地の所有者届出制度


 森林法の改正に伴い、平成24年4月より「森林の土地の所有者届出制度」が開始され、地域森林計画の対象となっている森林の土地を取得した所有者に届出が義務付けられました。

届出対象者
 個人・法人によらず、売買契約のほか、相続、贈与、法人の合併等により、平成24年4月1日以降に森林の土地を新たに取得した場合に、届出が必要になります。
 ただし、国土利用計画法に基づく土地売買契約の届出を提出した場合には、森林の土地の所有者届出は不要です。

届出方法
 所有者となった日から90日以内に、取得した土地がある市町村の長に届出ます。相続の場合、財産分割がされていない場合でも、相続の開始の日から90日以内に、法定相続人の共有物として届出をする必要があります。

届出内容
 届出書の様式に記入の上、下記の書類を添付してください。
   届出書様式   PDF  ワード
※添付書類
その森林の土地の位置を示す図面(任意の図面に大まかな位置を記入)
その森林の土地の登記事項証明書(写し可)、または、土地の権利を取得したことが分かる書類(土地売買契約書、相続分割協議の目録、土地の権利書の写し等)

関連リンク
制度の概要リーフレット(PDF)
林野庁ホームページ内「森林の土地の所有者届出制度について」