計画

鈴鹿市総合計画2023


 鈴鹿市では、2016(平成28)年度から2023(平成35)年度までを計画期間とする新たな総合計画、「鈴鹿市総合計画2023(にいまるにいさん)」を策定しました。

総合計画とは
 鈴鹿市まちづくり基本条例が掲げる、中長期的・総合的な計画であり、今後のまちづくりを進める上で、最も重要な計画です。


基本構想とは
 都市ビジョンを示すとともに、基本計画以下の推進のための政策的指示書のことです。「鈴鹿市総合計画2023」では、8年間の計画で市民と行政が協働してめざす、まちづくりの方向性を示しています。
 5つの「将来都市像を支えるまちづくりの柱※1」とともに、これら5つの柱の推進を支える基礎となる市全体の自治力(市民力、行政力)の向上をめざすための「自治体経営の柱※2」で構成しています。さらに、これら6つの柱を踏まえて、25の「めざすべき都市の状態」及びそれぞれが8年後にめざす数値目標を新たに設定しています。

※1 将来都市像を支えるまちづくりの柱
  1 大切な命と暮らしを守るまち すずか
  2 子どもの未来を創り 豊かな文化を育むまち すずか
  3 みんなが輝き 健康で笑顔があふれるまち すずか
  4 自然と共生し 快適な生活環境をつくるまち すずか
  5 活力ある産業が育ち にぎわいと交流が生まれるまち すずか
※2自治体経営の柱
  市民力・行政力の向上のために

基本計画とは
 基本構想の実現に向けて、前期4年間・後期4年間の各分野における取組の具体的な方向性を掲げる計画です。
 「鈴鹿市総合計画2023」の前期基本計画では、行政経営計画として位置付け、行政がリーダーシップを持って実施していく施策、単位施策を設定しています。
 後期基本計画では、行政経営計画に加えて、各地域の課題を解決していく市民主体の地域づくりを推進するため、地域づくり組織が取り組む地域別経営計画を策定していきます。

実行計画とは
 基本計画に定めた各分野の施策等の具体的な方向性に基づく、個別の具体的な事業計画です。「鈴鹿市総合計画2023」の前期基本計画に基づき、原則4年間の計画とし、毎年見直しと改訂を行います。

○鈴鹿市総合計画2023 基本構想・基本計画
 >鈴鹿市総合計画2023の策定に当たって(市長あいさつ)(PDF 212KB)
 >目次(PDF 200KB)

【第1部 基本構想(2016年度〜2023年度)】
 >第1章 2023(平成35)年にめざす鈴鹿市の姿 (PDF 641KB)
 >第2章 鈴鹿市を取り巻く情勢 (PDF 727KB)
 >第3章 計画の体系、役割 (PDF 669KB)
 >第4章 計画の効果的な推進のために (PDF 438KB)

【第2部 前期基本計画(2016年度〜2019年度)】
 >各ページの見方 (PDF 613KB)
 >第1章 大切な命と暮らしを守るまち すずか (PDF 967KB)
 >第2章 子どもの未来を創り 豊かな文化を育むまち すずか (PDF 1、029KB)
 >第3章 みんなが輝き 健康で笑顔があふれるまち すずか (PDF 924KB)
 >第4章 自然と共生し 快適な生活環境をつくるまち すずか (PDF 987KB)
 >第5章 活力ある産業が育ち にぎわいと交流が生まれるまち すずか (PDF 1,009KB)
 >第6章 市民力、行政力の向上のために (PDF 1,039KB)

【第3部 参考資料】
参考資料1〜6(PDF 868KB)
 ・参考資料1 鈴鹿市総合計画2023策定の経過
 ・参考資料2 鈴鹿市総合計画審議会への諮問
 ・参考資料3 基本構想についての答申
 ・参考資料4 前期基本計画についての答申
 ・参考資料5 鈴鹿市総合計画審議会委員名簿
 ・参考資料6 「わたしたちが暮らす未来のすずか」

※平成29年4月1日付けの組織・機構および分掌事務の見直しにより、前期基本計画における単位施策の担当課に変更が生じましたので、担当課名新旧対照表を掲載します。
単位施策担当課名新旧対照表(平成29年4月1日)(PDF 64KB)

鈴鹿市総合計画2023一括表示(PDF 6.16MB)

基本構想・基本計画策定の経緯はこちら
前期基本計画の実行計画はこちら
めざすべき都市の状態に対する成果指標(個別指標)実測値 測定結果〔H27-H28年度〕経年比較はこちら

広報すずか2016年2月5日号特集「鈴鹿市総合計画2023基本構想」
鈴鹿市まち・ひと・しごと創生総合戦略はこちら


問い合わせ:総合政策課