環境

鈴鹿市とウミガメ

担当:環境政策課

ここから本文です。

鈴鹿市とウミガメ

東千里海岸上陸跡

ウミガメの足跡
(ウミガメネットワーク徳武孝規氏撮影)

 鈴鹿市では、不定期ではありますが、5月から8月にかけて鼓ヶ浦・千代崎・長太ノ浦海岸でウミガメの上陸・産卵が確認されています。卵の大きさはピンポン玉ぐらいで、1回に産む数は100〜140個です。ウミガメとともに生きるために私たちに何ができるか考えてみましょう。

私たちに何ができるの??

ウミガメと出会ったとき

  1. そっと見守りましょう(カメラのフラッシュ撮影や大きな声での会話は控えてください)
  2. 足跡を消さない。
  3. 産卵場所を掘り返さない。
  4. 県や市などに通報しましょう(ウミガメの足跡・産卵、ウミガメ・スナメリの死体を発見した場合も通報してください)。

今できること

 ウミガメなどが産卵、生息、生育しやすい環境にするために海岸をきれいに清掃しましょう。

  • ※清掃するときは、生態系を破壊しないように、重機などを使わず、プラスチックごみなどの不燃物ゴミを手作業で回収してください。

調査・保全団体

 ウミガメは、国内法・国際法によって取り扱いに規制がかけられており、原則的に、生体・卵の採捕が禁止されています。県内では、以下の2団体が承認を得て、卵の移設などの活動を行っています。

他にも次の団体が活動しています。

 津市、鈴鹿市、四日市市のウミガメの上陸情報を収集して、産卵、孵化、子ガメの情報を発信し、海岸清掃や産卵地の保護活動を行っている市民団体です。